2012年6月16日土曜日

合成紙について (ユポインクジェットやレーザープリンタ用&印刷用)

私が運営しているネットショップで検索が多いキーワードに「合成紙」があります。その合成紙について説明したいと思います。

インクジェット用合成紙やユポなどの白色フィルムは、こちらの 「プロのお店」 で販売しています。

最初に合成紙として生産されたのは、「ユポ」という名前で知られている、ポリプロピレンべース(PP)の製品です。現在もユポコーポレーションで生産されています。

合成紙とは何かと言いますと、一般の紙と違い木材チップから作られるパルプを原料とせず、石油などを原料としており、紙のように印刷や筆記が可能な物の総称だと思います。

下の図はユポの構造図ですが、中の基材がPPになっており気泡のようなミクロボイドが多くあり、厚みの割には軽い構造になっています。表裏に筆記性のある層があります。
合成紙は耐水紙がある為、選挙用ポスターなどの屋外用ポスターなどの他、鉛筆やボールペンで筆記できる為ゴルフ場のスコアカードにも使われています。また、お風呂用の本などにも使われています。

合成紙にはユポの他、東洋紡のクリスパーや日清紡のピーチコートがあります。東洋紡のクリスパーや日清紡のピーチコートはPETベースです。ユポはPPベースで融点が低く熱に弱い為、ヒートロールの熱がかかるレーザープリンタには使えませんがPETベースのクリスパーやピーチコートはレーザープリンタで使用できます。

インクジェット用合成紙としては、インクジェット用コーティングをした合成紙ユポや東洋紡クリスパーもあります。こちらのプロの店でイロイロ販売しています。

クリスパーやピーチコートについては、また改めて説明します。

合成紙ユポはこちらのページで販売しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿